認知症対策マニュアル

 

 

 

 

 

 

もの忘れがひどくなった

同じことを何度も言う

日常会話が理解しにくくなった

怒りっぽくなった

以前できていたことができなくなった

気力が無くなりぼーっとした

毎日を過ごしている

直前の行動を覚えていない

認知症の治療のために

病院に行ってくれない

家族が認知症かもしれない

 

認知症は早期に兆候を発見し
治療を開始すれば

 


その後の人生を大きく

変えることができます。

 

おかしいな、気のせいかな、
年をとったから当たり前と

放置していると、

取り返しのつかないことに
なるかもしれません。

 

後々後悔しないために、
もし何か思い当たることがあれば

ほんの少しの時間、
このページを読み進めてみてください。

認知症といえば、

ごく一部の高齢者だけがなる
特別な病気だと思っていませんか?

 
実はそうではありません。

65歳では1.5%の人
75歳では7%の人
80歳では14%の人

と、年齢が上がるにつれ
認知症になる割合が増え
 

そして、85歳以上の人では27%
4人に1人が認知症を患っています。

 

平均寿命が延びていってる現在では
90歳の方も珍しくありません。

90歳以上では3人に2人が
認知症になっているという
データもあります。

決して、特別な病気ではなく
年を重ねるにつれ、

症状の程度の差こそあるものの
 

誰もが認知症になる
可能性があるということを
まず理解する必要があります。

 

高齢者が家族にいる場合は、
常に認知症の兆候がでていないか
注意してみてあげることで、

早期発見、早期治療につながります。


認知症では一番多い、
アルツハイマー型認知症では

 
脳の萎縮が原因で
 

もの忘れなどの
症状があらわれます。

 

この症状は一過性の
ものではなく、

 

何年もかけて徐々に
進行していきます。

 

この脳の萎縮を治す治療法は
現在では存在しませんが

 

脳が萎縮していくスピードを
緩めたり、症状を改善する
治療法はあります。 

 

早期に認知症の兆候を発見して、
治療を開始すれば

認知症の症状を最小限に抑え、
残りの人生を豊かなものに
することができるのです。 

 

軽いもの忘れがあるくらいの状態で
残りの人生を過ごすのと

家族の顔もわからなくなった状態で
残りの人生を過ごすのでは

 

本人にとっても家族にとっても
大きな違いですよね。


早期に治療を開始するためには、
認知症の症状や
兆候を知ることが大切です。

例えば、もの忘れですが、
認知症の もの忘れは加齢

 

による自然なもの忘れと誤解され、
見落としがちになっています。

 

加齢による自然なもの忘れは、
体験の一部だけを忘れていますが

 

何かヒントがあれば、
思い出すことができます。

 

 

認知症のもの忘れの場合は、
体験したこと自体を
忘れてしまいます。

例えば、昨日、
外食で魚を食べたという体験では
家族「昨日の外食美味しかったね

自然なもの忘れの場合
本人「何食べたっけ?
家族「ほら、魚食べたじゃない」 
本人「あ〜、あれ美味しかったね 
認知症によるもの忘れの場合
本人「昨日、外食なんかしてないよ
 

というように、
自然なもの忘れの場合は
ヒントがあれば思い出す
ことができますが

認知症のもの忘れの場合

「外食した」という
体験自体を忘れてしまい
思い出すことができません。

 

認知症の兆候は
もの忘れだけではなくたくさんあり

認知症の正しい知識を持ち、
家族に認知症の

 
兆候がでていないか
 

常に注意してあげることで
早期発見、早期治療に
つながるのです。

認知症は放置すると
どんどん悪化します! 

家族が認知症という
病気になったときは、

 

周囲の人たちが見る目は
とても冷やかです。

「ついにあの人もボケたか」
「ボケの家系」など、

 

認知症という病気になると
差別的な扱いをされるようです。

 

認知症患者を
放置したら刑事責任?

 

認知症を放置し、
敢えて受診をさせない
というのであれば

介護虐待に問われても
しかたありません。

 
もし、万が一の場合

保護責任者遺棄罪を問われる
可能性が大です。

 

扶助が必要な人物を
置き去りにする犯罪です。

 
扶助が必要な人物というのは、
 

老年者・幼年者・身体障害者・病人
の保護を しなかったという、 

わゆる「何もしなかったこと」が
罪に値するんですね。

 

度々、パチンコ屋の駐車場に
子供を放置して

 
死亡させたような事件を
ニュースなどで見聞きしますよね。 
 

こちらも
保護責任者遺棄致死罪
となります。 

 

とにかく共倒れを防ぐことと、

 

ご自分への負担を
最小限にすることが
第一なんです。


認知症の兆候

「もの忘れ」と認知症の違い

認知症の種類

アルツハイマー型認知症

レビー小体型認知症

血管性認知症

認知症はどこで

治療するのか

病院に行きたがらない

時の対応

認知症の治療

認知症の予防

認知症の人への対応

本書では認知症についての
正しい知識が学べます。

 

認知症の兆候や、
どの病院にいけばいいのか

 

病院に行く前にやるべきこと、
病院に行きたがらない人を
説得する方法を紹介しています。 

 

また認知症の人への対応法
についても紹介しています。

家族の対応次第に認知症の
症状は悪化したり改善したり
しますので

是非正しい対応方法を
学んでください。

本書で紹介している正しい
認知症の知識を学び

認知症の兆候や病院に連れて行く
方法を学ぶことで早期治療に
むすびつけることができ

 

認知症の進行を遅らせたり、
症状を改善することが
できるでしょう。


 
本書を手に入れることで・・・
 

早期に認知症の治療を

スタートすることができます

家族の認知症の兆候に

気づくことができます

早期に治療開始することで

症状の進行を抑えることができます

認知症の種類によっては大幅に

改善したり治ることもあります

介護のストレスが大きく減少します

問題行動が少なくなります

元気に過ごせる時間が長くなります

あなたが本書を手に取ることにより
こんな素敵な未来が
待っているでしょう。


 

※画像はイメージです

ダウロード版PDF52ページ

※本商品は全ての方に効果があることを保証するもの

ではありません。効果には個人差があります。

 

 

 

マスターリセールライト(再販権付)

自分で利用できます。

この商材を好きな数だけ再販売できます。
再販権を付けて再販売できます。
(あなたから購入した人も再販売できるということです)
× 無料配布はできません。
× 再販売用素材のみの有料販売、無料配布はできません。
× 商品PDFファイルの改変・改良はできません。

 

 

販売用ホームページ

今あなたがご覧になっているこのページを
あなたもそのまま利用することができます。
 
販売用ホームページは改変していただいても
そのままお使いいただいてもOKです。
改変された方がオリジナリティーが出て良いですね。
 
販売用ホームページを業者に頼むと
おおよそ5万円〜30万円かかります。
その販売用ホームページをお付けいたします。
※特典は本編と一緒にダウンロードにてご提供致します。

 

 

無制限の再販売権利

 

考えてみてください。

 

この商材をたった1つ再販売するだけで

投資したお金を回収できてしまいます。
そして、もう1冊売れば、
 
すべてがあなたの利益となります。
 
再販売で得た収入は、
100%あなたのものです。
そして、無制限に、
いくつでも再販売できます。
 
 
この商材に投資したお金が50 倍、
100 倍に膨らむ可能性さえ
秘めています。
 
あなたが失うものはほとんどありません。

このチャンスを見逃さない限りは。

 

 

■国産 完全オリジナル!
■マスターリセールライト
(再販権付 無料配布禁止)
■ダウンロード版PDF70ページ
■販売用ホームページ付き
(編集OK)
■特定商取引法ページ付
※特典は本編と一緒に
   ダウンロードにてご提供致します。

 

■国産 完全オリジナル!

■マスターリセールライト

(再販権付 無料配布禁止)

■ダウンロード版PDF51ページ

■販売用ホームページ付き

(編集OK)

■特定商取引法ページ付

※特典は本編と一緒に

   ダウンロードにてご提供致します。 

高齢化が進み、これからどんどん
認知症の人の数が増えていきます。

決して人事ではなく、いつ自分の親が
認知症になってもおかしくありません。

その時、あなたが認知症の兆候に
気づいてあげられるかどうかが

あなたの両親が老後幸せに暮らして
いけるかどうかの分かれ道になります。

あなたが早期に認知症の兆候を発見し、
病院に連れて行ってあげられれば

認知症の症状や進行を抑え、
人間としての能力を大きく損なうことなく

長い時間幸せに生きていけるでしょう。

そのためには本書で
正しい認知症の知識

身につけてください。

知識がないままでは兆候に気づかず
症状が悪化していってしまうかもしれません。

後回しにせず、あなたの大切な人のために
今すぐに行動しましょう。

※画像はイメージです

ダウロード版PDF52ページ

 

※本商品は全ての方に効果があることを保証するものではありません。

効果には個人差があります。